• トップ /
  • 飲水の健康に対する効果とは

飲水は体にとって非常に重要です

人間の体の約60%は水分が占めています。水は体を構成する成分としては最も大きな割合を占めています。なので、水分を補給する飲水は体にとって非常に重要で、その方法によっては健康にも大きな効果があると思われます。まずどのような水が飲水に適しているか、健康に効果があるかということですが、理想としてはミネラルウォーターやアルカリイオン水といった、体に良い成分が含まれている水が理想です。しかし、通常の水分補給には水道水でも構いません。その場合は浄水器を通して塩素を抜いたり、ミネラル分を補充できれば理想です。また、飲水するタイミングも重要で、ただ多く飲んだり、飲みたい時に飲んだりするよりは、効果的なタイミングで飲水することにより、健康により効果的な水分補給ができます。一般的には体の水分量が減少気味の時に水分補給をすることが重要です。例えば起床時。人間は寝ているときにも汗をかいたり、呼吸により水分を失っています。運動時などに比べれば穏やかな減少ですが、数時間という比較的長い時間水分が補給されないため、体の水分量が減少しています。その結果、血液の水分量が少なくなって、血流が悪くなっていたりします。なので、起床時には水分をしっかり取って、減少した水分を補給することが重要です。起床時の他には例えば運動後、高温多湿の日、飲酒後など体の水分が減少している時は色々とあります。どのような水をどのようなタイミングで飲水するかにより、健康に対してより効果的に水分補給が行えるといえるでしょう。

バックナンバー

飲水の基本情報

↑PAGE TOP